日本人と韓国人 その似て非なる事 

アクセスカウンタ

zoom RSS 南大門修復記念 「ソウルの城郭」 その2

<<   作成日時 : 2013/05/05 07:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 李氏朝鮮時代に、都城(今の景福宮・青瓦台)を中心に周辺の山々の尾根に沿って城壁をつくり、その東西南北に4つの大門、その間に4つの小門を設置しました。その4大門が東大門(興仁之門)、西大門(敦義門)、南大門(崇礼門)、北大門(粛靖門)で、小門は北小門(彰義門)、東小門(恵化門)、南小門(光熙門)、西小門(昭義門/昭徳門)です。

■北大門(粛靖門)

 粛靖門付近は、1968年1月朴正熙大統領(当時)の暗殺を企てる北朝鮮の特殊部隊が青瓦台から800bの地点にまで侵入した青瓦台襲撃未遂事件の影響で約37年間、立ち入り禁止となっていましたが2007年に全面開放されました。現在では北岳山城郭トレッキングコースとして観光スポットになっています。

 粛靖門は風水の関係で「粛靖門を開くと城内の女性たちが淫らになる」として閉じられたままだったようです。また山の中で人通りも無い門だったので他の門と違って石門だけだったのか門楼もあったのかどうか記録等が全くなかったのでわかっていませんでした。従って、現在の粛靖門は1976年に中央文化財委員会が他の門などを参考に考証し建てられた門楼なので「復元された」と言うのもちょっと違っています。

画像
左:旧北大門  右:現在の北大門


画像
1976年7月

 工事の様子。当時は伝統工法等考慮することもなく工事が進められました。また門楼だけではなく石門や城郭も整備されています。
画像
画像


そして約3か月で完成です。
画像
左下:竣工直前の扁額除幕式  右:1976年10月21日東亜日報


画像
左:1976年 右:2007年
城郭の石の色が変わっているのがわかります。

 

■東小門(恵化門)

 恵化門は都城の東側に位置する四小門の一つで、他の門と同様1396年都城の建設とともにつくられました。このときの門の名前は「弘化門」でしたが9代王時代の成宗14年(1483)に建てられた昌慶宮の東門もまた「弘化門」と呼んだため、11代王時代の中宗6年(1511)に弘化門から恵化門に改称されました。北大門が閉じられた門だったのでこの恵化門が北東側の通用門として機能していましたので他の小門と比較しても規模の大きな小門でした。

画像

 
 朝鮮時代の古い写真の恵化門は石組も立派で城門として写されていることが多いのですが、「東小門から眺めた聖ベネディクト修道院の全景」という1911年の写真を見ると門は丘を利用して作られていたと言うことわかります。

 
 韓国では、恵化門は「壬辰倭乱時に門楼が消失した」と言うことになっています。(「ソウルの歴史と文化遺産」
 記録では、門楼は肅宗10年(1684)に建てられたと言う記録があるそうですが、謙斎精選(1676-1759)の漢陽珍景の東小門度を見ると、恵化門には門楼が無く石門だけが書かれています。1684年というと謙斎が9歳の時になりますからおかしな話です。別な記録には李氏朝鮮時代の21代国王「英祖」によって1744年に再建されたという記録もありそちらの方が正しいとされています。
画像 しかし、粛宗が清との条約を破って城郭の整備を始めたのが1704年です。その時恵化門は何故再建されず、約40年後の英祖によって再建されたのでしょう。「英祖実録」によると英祖は「恵化門に前に門楼がなかったことを御営庁に命じて再び作るようにした。」という記述があるそうで、そこから「壬辰倭乱時に焼失した門楼を再建した」と言うことになったそうです。

 「壬辰倭乱」と言うのは日本で言う「文禄・慶長の役」のことですが、日本の記録によれば、小西行長率いる一番隊が漢城に到着したとき「城門は堅く閉じられていたものの守備隊はいなかった。城壁にあった小さな水門を壊して入り、内側から城門を開いた。」ということです。また朝鮮国王は既に逃亡した後で、城内は略奪・放火されていたそうです。(wiki)
 ここで疑問なのは、守備隊は居なかったので戦闘はなかったのに焼失というのはどういうことでしょうか。本当に門楼はあったのでしょうか北大門と同様に当初は門楼はなかったのかもしれません。また、あったとして壬辰倭乱で焼失したのでしょうか・・・、その後にも1624年の李という武官の反乱や、1636年に清もまた攻めてきているのです。どうして「壬辰倭乱」で焼失したということが言えるのでしょう。記録等があれば見たいものですが韓国でも記録はないので詳細は不明です。

 ところで現在NHKで放送している「トンイ」という韓国ドラマですが、清との条約を破って城郭を修復した朝鮮王「粛宗」の側室「トンイ」が主人公のドラマです。その「トンイ」が生む子が恵化門を立て直させた21代国王「英祖」です。見ている人は、こういう時代背景だったということを知っておくと面白いかもしれません。
画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月22日は竹島の日




Web竹島問題研究所


----------------
テレビや新聞報道だけではわからない両者の違いを日韓交流サイトの掲示板から考えて見るサイトです。(最近は交流サイトネタが少ないですが・・・)

青文字は、韓国の人
赤文字は、日本の人

ネット掲示板」という顔が見えない特殊性のため、往々にして 過激な発言等が見られますが、そのへんは割り引いて読んでください。

お詫び:誤字脱字が多いので適宜修正しています。 (^^ゞ

■スパム対策のためコメント・トラックバックは承認制にしています。当ブログ・記事に全く関係のないものに関しては公開を控えさせていただき、削除いたしますのでご了承ください。
南大門修復記念 「ソウルの城郭」 その2 日本人と韓国人 その似て非なる事 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる