日本人 やきもち妬きますか?



韓国宇宙で希望を打ちあげる

oishi(tmdguqwkd) / 作成時間 : 2010-12-11 00:29


↑↑世界最初推進力15トンのメタンロケットエンジン...
日本人はこの動画を見て韓国のメタンロケットエンジンにやきもち焼きますか??



honcha (honcha) 2010-12-11 00:32
このメタンロケットエンジンは失敗ですが、挑戦する人を、挑戦しない人が笑う資格はないです。

onimusasi (mori_nagayosi) 2010-12-11 00:39
なんだ?色々と燃えちゃいけないところまで燃えてる気がするけど、ネタ動画か?

addasd (pass1986) 2010-12-11 00:46
たまに嫉妬しているというような報道がされる場合がありますが、大半はメディアの洗脳ですから騙されてはいけませんよ。特に技術関係は他者から得るものではないので羨ましいと思うものではないでしょう。感動したり憧れたり不甲斐なさを感じるものです。

chinchin_sirarema (ukoknakakab) 2010-12-11 00:48
国家プロジェクト?それとも、個人趣味?

sudoufu (sudoufu) 2010-12-11 01:03
日本の宇宙関係の技術は、韓国が現在いる段階を大分前に通り過ぎているからなぁ…過去に終わったことにやきもちを焼く方が難しいと思うよ

priri (prinko) 2010-12-11 01:09
焼きもちの気持ちは無い。俺が焼きもちを焼くのは、男女関係だけ。

kgc (skylinekgc) 2010-12-11 01:38
この馬鹿でかいガスバーナーで芋でも焼くのか?  だいたいエンジン一基の推進力15トンじゃ何も打ち上がらないだろ。 巨大ロケット花火でギネスに挑戦?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


この動画は、日本の人がYoutubeにアップした動画で、そのタイトルは、【韓国】 メタンロケットエンジン テスト 【ドリフ状態】です。

 【ドリフ状態】とあるように決して羨ましくて紹介された動画ではありません。この動画のコメントをいくつか紹介します。
http://www.youtube.com/comment_servlet?all_comments=1&v=BjUuGONDXd8

・消火が出来た事への拍手でないの?

・推力保ってるの点火後の6、7秒位で、後は壊れたまま火を噴いてるだけかw

・明らかに火災(汗

・失敗なのは明らかですが、安全管理さえままならない(恐らく考­えてもいない)状態で、よく死者が出ないものですね・・・

・もう少し離れないと、アブナイでしょ、なんで途中で止めないのかな。あんな消火器しかないのか、とてもカンコクらしい映像

・拍手の音が入るって事は、近くに相当数の人間が居たって事だよね­。。。マジ危ないって・・・民族意識抜きにして人として言う、「本当に気をつけてください。」 もう少しやり方は無かったのか・・・?

・遠隔操作すらできない技術力なの?へたすりゃ死人だって出てたよこの実験・・・・・

・エンジンではなく、火炎放射器のテストですね。

・ロケットの噴射が自然の風なんかにに押し戻されてんじゃねーよ!­とか思ったけど、こういう炎の形は好きだな。昭和のガメラみたいで。最後の音といい、たぶんこの場にいたらオレも拍手してたろーな。

・蒸気機関車作ってるの?これぞハングルクオリティー!!!!

・なにこれ?野焼き?

・新型の焼き肉装置?最後の拍手は何だ?

・1,最初の待避時に走って逃げるって有り得ない。2,待避壕にも入っていない。3,明らかに炎上しても傍観。4,消火装置もなく、手持ちの消化器持参。5,それも、防火服も着ていない。日本じゃあ、中学生でもやらんでしょう?
これが韓国のレベルなの????

・うぁ。メタンの生ガスがでている。臭かっただろうなぁ。巨大、人口おなら装置。

・もっと遠くに退避しろよwwww

・単純に・・・うけた!wwwww

・ケンチャナヨ式メタン・ロケット・エンジンw 




そしてこちらがNASAでやったメタンエンジンの実験。

随分違いますね。周りに人も居ないしwww

 ただ日本も、2段式の液体燃料ロケットでGXロケットの2段目に使用を考えていたLNG推進系は、世界初の実用化の試みで、2007年10月に実機大LNGエンジン燃焼試験シリーズが成功裡に完了しています。しかし、2009年8月には宇宙開発戦略本部が「GXロケットには需要、国際競争力が見込めない」という理由で本格的着手を判断できる状況にはないとの見解を発表しました。

 これを受け2010年(平成22年)度予算要求にはエンジン開発費だけが盛り込まれ、ロケット開発費は含まれなかったのですが、鳩山由紀夫政権下で行われた政府の行政刷新会議の事業仕分け作業において、ロケット開発の今後が不明であるのにエンジン開発に予算を割く必要性に疑問が呈され、予算計上の見送り、開発続行の是非の再検討、またロケット開発の中止を求める見解を発表しています。

 そしてエンジン自体は開発は続けられているようですが、そのロケットについては開発に関わった民間会社も手を引いた状態になっています。

 これは2009年7月に行われたLNGロケットエンジン 500秒燃焼試験の様子。こういう技術のノウハウは将来役に立つことは間違いありません・・・





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ロケット野郎
2010年12月19日 15:30
日本のエンジン試験が一番進んでいる、民主党の仕訳けでこの先が無くなった。すばらしい技術を反故にする民主党にはあきれる。

この記事へのトラックバック