テーマ:歴史認識

南大門修復記念 「ソウルの城郭」 その3

■西大門(敦義門) 西大門と城郭。右側が城外  1394年に朝鮮を建国した太祖は漢陽に遷都しました。その際、あらゆる制度と施設を整備しなければならず、宮殿と共に、儒教国家にとってもっとも重要な宗廟が建てられ、さらに1396年には城郭の建設も始まりました。漢陽は周囲を山に囲まれていて、特に中心部は 「内四山」と呼ばれる山々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南大門修復記念 「ソウルの城郭」

「日本皇太子が頭を下げて通るのは…」 ソウル崇礼門の城郭を撤去  朝鮮時代の漢陽は18.6キロの城郭で囲まれていた。崇礼門(南大門)は、外交使節が王に会うため城内に入る際に通過する漢陽都城(ソウル城郭)の正門だった。 しかし東は南山、西は西小門につながる崇礼門の両側の城郭は、大韓帝国末期の1907年から取り壊されていった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国が言う「ファクト(事実)」とは

 韓国の対日抗戦期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者等支援委員会の朴仁煥委員長が憤慨してるどうです。 「植民地時代の民衆の被害事実を日本に突き付けたい」 25日午前、韓国首相室に所属する「対日抗戦期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者等支援委員会(以下、委員会)」の事務室で会った朴仁煥委員長=写真=は憤慨してい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尖閣関連の古文書研究が凄い!

 3月15日、尖閣問題に関する過去の記事(ある中国人の主張 『尖閣はやっぱり日本のもの』)にコメントをいただきました。 尖閣漢文の研究成果、ご參考に。 http://ishiwi.iza.ne.jp/blog/entry/2938241/ 発信者は「いしゐのぞむ」と言う人です。リンク先に行ってみると・・・・なんと「長崎純…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKが国会中継動画を削除した・・ その3

今私の手元に一冊の本があります。 『日本統治時代を肯定的に理解する 韓国の一知識人の回想』(草思社、2010年)と言う本です。  筆者は「朴贊雄」と言う人で、1926年10月京城で生まれ数え年20歳で終戦を迎えました。つまり日本統治時代後半に青春期を過ごした人の回想録です。この本は2010年の本ですのでネット上で多くの人が書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKが国会中継動画を削除した・・ その2

 2013年3月8日に行われた衆院予算委員会での中山成彬衆議院議員(日本維新の会)の質問に関して、もう一つ気になった点があります。それは中山議員が創氏改名に関して質問した際の下村博文文部科学大臣の答弁です。 中山成彬議員 「下村大臣、この教科書検定は事実に基づき行われるべきだと思います。このに提示した3つの教科書、いずれも明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKが国会中継動画を削除した・・

正直、驚きました。  2013年3月8日に行われた衆院予算委員会での中山成彬衆議院議員(日本維新の会)の質問に関するYoutubeの動画がNHKの申し出により削除されたということです。  NHKは著作隣接権と言う権利を持って削除依頼したということなのですが、当初私は都合の悪い誰かがNHKの名を騙り削除依頼をしたのだと思っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実

 私は普通のサラリーマンで、長時間の移動を伴う出張をすることもあるのですが、先日出張の際、いつものように移動中に読む本を探していました。その時目にしたのが『ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実』(水間政憲著、PHP研究所)という本です。 そのあとがきに 「我が国に残されたわずかな時間の中で、自らの歴史認識を取り戻すため、街の医院…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【慰安婦】 Mさんのメール

【「慰安婦問題」ネトウヨに騙された方との往復メール/増田都子さんから】と言う記事があちこちでコピペされ転載されているようです。その中に当ブログのリンクが貼っていてそのリンクからブログを見に来る方がいるようです。 冒頭に「犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です!」とあって「増田都子さんからのメール」と言えば・・・多田謡子反権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「創氏改名」を考える その3

■創氏しない者に対する不利益の供与 日韓交流サイトで紹介された創氏改名に関して、創氏をしなかった場合に不利益を供与するということが書いているという「韓国人なら必ず知らなければならない日本の歴史歪曲 21」ですが、その大元は、文定昌『軍国日本朝鮮強占36年史』に書かれているようです。 「創氏しない者」の行政機関での手続き拒否、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「創氏改名」を考える その2

前回、「創氏」と「改名」は制度が違うという話をしました。届け出が始まって直ぐの1940年2月13日東亜日報の記事を見ると 京城府で91人が創氏の届出、京城法院へ改名の許可願いとなっていて別な制度と言うことがわかります。 wikiで「創氏改名」を見ても、「日本風の氏を新設して届け出る者が大半」とか「結果とし1940年の時点で約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「創氏改名」を考える

日韓交流サイトに次のような投稿がありました。投稿した人は韓国の人でいつも韓国の本をコピペして投稿するだけで本人の感想や意見、レスに対する反応は一切ありません。そこでその投稿を紹介するとともにいつかはきちんと書こうと思っていた「創氏改名」について書きたいと思います。 「創氏改名」については「創氏改名は強制ではない」でも少し書いたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創氏改名は強制ではない

久々の交流サイトネタです。 韓国社会では例え交流掲示板といえども親日的発言をすると「親日派」と非難され、時には「従軍慰安婦を侮辱した書き込みで検挙」ということになってしまいます。 そういうこともあってか最近ではなかなか赤IDの発言を肯定するのはほとんどなかったのですが「創氏改名」に関しての青IDの投稿をご紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・その4

『連繋を密にし』 日本人の貴方はこれをどう読みますか? 「れんけいをみつにし」 「れんけいをひそかにし」 もちろん文章の流れから「みつにし」と読むか「ひそかにし」と読むかというのはあると思いますが、これは以前「慰安婦資料・・韓国人はこう読む」でも取り上げましたが、『昭和十三年(1938年)3月4日付け陸支密七四五…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・その3

12月18日京都で行われた日韓首脳会談では 「今日は一つ申し上げたい」 通常、首脳会談で取材カメラが入っている最初の数分間は、双方とも対立点を持ち出すのは避け、儀礼的に両国間の前向きな話をするものだ。しかし、李大統領は慣例を破り、カメラが退出する前に従軍慰安婦問題に言及した。(西日本新聞 2011/12/19) と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元慰安婦の水曜デモが1000回だそうです

12月14日(水)は元慰安婦の水曜集会(水曜デモ)が1000回目と言うことです。水曜デモはソウル市鍾路区中学洞の日本大使館の前で1992年1月8日初めて行われた。韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)のメンバー約30人が集まり「日本政府は従軍慰安婦犠牲者の慰霊碑を建設せよ」などと書かれた横断幕を手に、シュプレヒコールを繰り返したそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その8

前回、小暮復命書では朝鮮半島と内地では全く逆の状況が書かれているということを紹介しました。 朝鮮半島では、都会での配給はほぼ完全に行われているけれども農民は食べるものがない。 日本国内では、配給が十分に行われないが、田舎に買い出しに行けば買うことができる。 この時期の東京近郊の食糧事情に関して興味深い資料があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その7

昭和十七米穀年度食糧対策成る 一、本府統制米穀各道割当につき各道はその四分三程度を道内の大、中生産者に割当、法規に基づき之を保管せしめ票箋を附することとしこれ等の買付は後廻しとして小農の生産米穀を時期を失せぬよう買付機関を動員して行わしめること  一、浮動米穀と雖も売却希望のものには必要に応じて統制米に準じて買付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その6

鮮米の顕著なる移出減 (上・下) 朝鮮米の内地移出は依然として減少傾向を回復しない。即ち本米年度十一月以降五月中旬までの移出高は四百八十六万六千石で前年同期の七百六十八万一千石に比し二百八十一万八千石即ち三割五分以上の激減を示している。 移出減少の原因  移出米のこの激減は単に一時的乃至思惑的事情によるものに過ぎな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その5

昭和5年の大豊作により米価大暴落を招いてしまった政府はそれまでの米穀法の強化を目的として、米価の大幅な変動を抑制するため、政府による米価基準の設定、輸出入制限などを定めた法律『米穀統制法』と言うのを制定し、①政府は最低・最高価格を公定。公定価格による無制限な買入れ、売渡しを行う②常に輸出入の統制を行うようになります。さらにその効果の万全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その4

ブログ『極東亜細亜研究所』より「内地ニ於ケル内地米、朝鮮米及台湾米ノ価格」 昭和5年11月~6年5月の期間が暴落しているのは、内地6687万石、朝鮮1908万石と云う空前の大増収だったためで米価が桁外れの安値になってしまいました。 日本でも農閑期に出稼ぎに行っていた農民がいるように朝鮮半島の農民も出稼ぎをしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その3

日帝時代の「朝鮮では日本に輸出するため米を奪われ、安い満州粟を食べなくてはならなかった」というのをよく目にします。その理由に「米の生産量が増加したのに一人あたりの消費量が増えていない、むしろ減っている」ということが書かれているのを目にします。 さて元々朝鮮の人たちは何を食べていたのでしょう。1915年の満州日日新聞にそのことが書か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える その2

前回、日本が1889年大日本帝国憲法を公布、翌年帝国議会が発足し近代国家への道を歩むことから遅れること約20年、1910年の日韓併合により朝鮮半島の近代化が進むと書きました。 しかし実際には、1840年の阿片戦争、その後のアロー号事件を契機とした第二次阿片戦争で衰退していく清国を見て、日本は欧米列強に対して危機感を募らせ、その後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帝時代の「米収奪」について考える

 最近、政治の話題は復興財源のため消費税UPが必要で法案だけ通したら信を問うとか(そんなに金がないのに韓日スワップなんて簡単に言うなよ・・と思うのですが)とTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)があります。TPPはメリットデメリット双方があるでしょうけれど、デメリットの一つに農業の問題があります。 私もTPPについては全く良く分かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・ その2

前回、従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・では、韓国の憲法裁判所が「韓国政府が日本に対して元慰安婦の賠償請求のための外交交渉をしないことは憲法違反だ」とする判決を下したことに関して、韓国政府が『政府は、慰安婦問題など反人道的行為は請求権協定で解決したとは言えず法的責任があるという判断で日本政府に対して責任を追及する方針です。これとと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

従軍慰安婦問題が再燃してきましたが・・・

『慰安婦問題解決訴え「人間の鎖」で外務省包囲』 聯合ニュース2011/11/15と言う記事がありました。元従軍慰安婦の被害者らが日本政府に法的責任の認定と謝罪、補償を求め、ソウルの在韓日本大使館前で行ってきた「水曜デモ」の1000回目に当たる12月14日に日本の「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動2010」と言う市民団体が12月14日正午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独島教育、詳細で体系的に

2011年9月10日に行われた東アジア近代史学会で朴炳渉氏が講演されたようです。朴炳渉氏は半月城というなで有名ですが、その内容は相変わらず・・といったような感じですが、pdfファイルで読むことができます。 『竹島=独島漁業と領有権問題』 朴炳渉 http://www.kr-jp.net/ronbun/park/parkBS-11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹島 韓国政府の破廉恥な米大使館文書偽装工作

竹島 韓国政府の破廉恥な米大使館文書偽装工作 oppekepe7(oppekepe7) / 作成時間 : 2011-09-09 15:14 / ヒット : 136 「独島問題概論」は,1955年に韓国外交部が、竹島領有の正当性を主張するために作成したものである。 序文は、以下のように書かれている。 ---…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【世界陸上】 大邱といえば・・・国債報償運動

今回世界陸上が行われている韓国大邱市の観光(韓国観光公社公式サイト)に大邱おすすめツアーというのがあって、その中に「1907年、国の借金を国民が返済して国権を回復しようとした国債報償運動を全国的に拡散するのに主導的な役割を果たした徐相敦の古宅」というのがあります。 また市内には「国債報償運動記念公園」というのもあります。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【世界陸上】 大邱といえば・・・ 寿城池

世界陸上2011大邱大会が始まりました。 今日の女子マラソンを見ていると寿城池という池の周りがマラソンコースになっていました。 世界陸上マラソンコース 今は公園となっている寿城池ですが、これはもともと農業用貯水池で水崎林太郎という人が作った池です。 水崎林太郎さんは、1915年に開拓農民として渡韓し花栽培など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more